1日7分の肉体改造メニューと食事で体脂肪率が26%から6.7%になった方法です。

この肉体改造メニューで、まさか、体脂肪率が26%から6.7%になるなんて

この肉体改造メニューを1日7分と食事
体脂肪率26%から6.7%になることができました。

 

高カロリー大国アメリカで、数々の肥満外国人の体脂肪率を
10%以下にしてきたプロトレーナーが、たった一人の日本人のみ直伝した、
NY発!メンズボディデザインプログラムです。
肉体改造メニューと食事法の詳細はこちらから

 

この肉体改造メニューと食事法で体重84キロの固太りの男性が
なんと20キロのサイズダウンに成功しています。

 

この肉体改造メニューと食事法は、1日4750kcal以上を摂取する
“超肥満型の欧米人”を対象にしたボディデザインプログラムです。

 

なのでその著しい効果は日本人にとって“過激すぎる”かもしれません。

 

ただし、いち早く筋肉を付けながら脂肪を落としたい成人男性であれば
その“効果は目から鱗”の内容だと言えると思います。

 

なぜ、こんな巨大なハンバーガーを毎日のように食べても、
ごく一部の欧米人は太らないのか、その秘密がわかります。

 

実際アメリカ人の1日の摂取カロリーは、平均3774kcalと
かなりの量でこれだけ食べていても日本人よりも引き締まった
セクシーな体をしている欧米人は確かに存在しているのです。

 

未だ、多くの日本人が知らないといわれる、とっておきの方法…。

 

その方法とは一体なんだと思いますか?

 

この肉体改造プログラムと食事法は、その秘密の部分をベースにした
体質や毎日のハードトレーニング、薬品を頼らずして、
カロリー大国アメリカでセクシーボディをキープする方法をまとめたものです。

 

なぜ、アメリカに住む一部の人達は、巨大なハンバーガーや
ステーキを毎日のように食べていたとしても、引き締まった
カラダを維持することができているのでしょうか?

 

その理由は、流行の最先端NYで発祥していた、
この肉体改造プログラムと食事法にあったのです。
肉体改造メニューと食事法の詳細はこちら